「縄文土器」

縄文土器を見たことる方ってどれぐらいいるでしょう?

まぁ小さい頃などは学校の行事などで、博物館で見ますが大人になると興味のある人ぐらいが楽しむ感じです。

そもそもあの変わった壷のようなカタチの焼き物自体は、色々な使われ方をしていたようで、その文様やカタチも様々です。

さて、使われ方はともかくあの文様は不思議ですよね。
撚ったヒモを押し付けてみたり、粘土を何かに象ってつけられたりと、結構高度なセンスと技術が必要です。

もちろん、貝殻など当時手に入った物が配置されていたりもするので、その地域独特のデザインが出来上がってくるのです。

実はこの縄文土器なのですが、当時でも特別な民族だけが作れたようで決まりもあったようです。

何千年も前の時代に規律があり、デザインがあるって凄いですよね。

“格好良くしたい”“可愛くしたい”こんな思いが本能に備わっている人間ってやっぱり凄い生き物だったんですね。

ただ宇宙人説なども飛び交っていますが、ここは本当に縄文人がおり、その人達の手で作られたと信じましょう。

縄文人の美に対するDNAが現代の我々に引き継がれているのですから。

photo by iwa4

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る